• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月18日

物材機構、金属酸化膜トランジスタを開発 スマホ低消費電力化へ

 物質・材料研究機構(NIMS)は17日、理化学研究所と共同で、酸化インジウムに酸化タングステンを微量に添加するだけで薄膜トランジスタとして動作するIWO薄膜を開発したと発表した。スマートフォンなどのディスプレーの低消費電力化などが期待される。この研究には住友金属鉱山も協力した。

 開発した材料は、アモルファス状態で制御が難しいガリウムや亜鉛を含まないのが特長。基板を加熱せず低いエネルギーでスパッタ成膜するだけで、均質なアモルファス膜を作ることもできる。このため従来よりも薄い膜厚10ナノで、保護膜なしの構造でも高い特性を有するトランジスタとして動作するという。原料単価の高いガリウムを省けるだけではなく、薄膜原料の量も削減できる。

 ディスプレーの高精細化やタッチパネル化に対応する新材料として、インジウムやガリウム、亜鉛を酸化させ混合したIGZO膜トランジスタの開発が進められている。しかし、金属酸化膜を半導体薄膜としてトランジスタ化するためには、材料の酸素や水分に対する制御が難しく、これらの制御開発が課題となっている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ