• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月19日

日酸TANAKA、新型のプラズマ切断装置・ロボットガス切断機を発売

 日酸TANAKAはこのほど、プラズマ切断装置のペガサス500シリーズに、さらに切断品質を高めた「ペガサス500―0―HQ」をラインアップした。ガス切断とプラズマ切断を両方行える切断機「KT―650PGR」に搭載、あらためて今月から販売を開始した。切断面上縁の丸みの改善や狭いカーフ幅を実現している。KT―650PGRの価格は2400万円(梱包・運送・据付費込み、大阪地区の場合)。

新製品・新技術 ペガサス500―0―HQは、切断カーフ幅が従来比約40%減少したほか、上面エッジは約0・5ミリ以下で、さらに高品質切断を可能とする。また、KT―650PGRには、操作性に優れている自社製NC装置「ロボQ―15」を標準装備している。

?\r?\n KT―650PGRは、ガス切断装置とプラズマ切断装置を搭載、さまざまな製品切断を1台で対応できる。ガス切断装置の横方向移動にはスチールベルト方式を採用しており、手軽に同形・対称形切断が行える。このほか、省エネプラズマ切断装置「ペガサス500―0―ECO」も搭載できる。

 また同社は10月から、ロボットガス切断機TGRシリーズに、水素ガス切断装置HL―1を搭載したタイプをラインアップした。切断速度がプロパンに比べ、垂直切断で20―30%向上するなどのメリットがあり、価格は900万円(研修費別途)。切断部材の二次加工をさらに高品質、高効率化する。

 HL―1による水素ガス切断は、開先切断可能な角度範囲が拡大するほか、開先切断速度も30―40%向上。プロパンに比べ予熱時間が約8分の1に大幅に短縮できる。

 また、切断変形(熱歪)やノロの付着が少ないほか、輻射熱がプロパン比約60%低減。CO2の発生も10分の1以下と環境に優しく、比重が小さいため拡散されて滞留しにくい。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ