• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月23日

日立電線、ニオブ3錫で超電導線材を開発 臨界電流密度1.5倍に

 日立電線は22日、臨界電流密度(単位面積当たりに抵抗値ゼロで流せる最大電流値)を従来比約1・5倍に高めた、ニオブ3錫(Nb3Sn)の超電導線材を開発したと発表した。「内部拡散法」と呼ばれる線材製法と、ニオブ単芯線と錫単芯線を一度だけ多芯組み込みする「シングルスタッキング構成」による成果。ニオブ3錫を使う超電導マグネットの高磁場ニーズに応える。

新製品・新技術 ニオブ3錫は核磁気共鳴(NMR)分析装置、国際熱核融合実験炉(ITER)といった核融合設備で、高磁場を発生するコイル用線材に使われる。主に「ブロンズ法」で製造される。同法では、ブロンズ(銅―錫合金)中にニオブ芯を多数本組み込んだビレットを、押出、伸線加工で細線化し、熱処理を加えてブロンズ中の錫をニオブに拡散し、ニオブ3錫を生成する。

 今回は、ブロンズの代わりに錫単体を使う内部拡散法を採用。また、従来法では伸線した中間材を束ねて(スタッキング)再伸線するが、840本のニオブ単芯線と421本の錫単芯線を一度だけスタッキング、伸線する方法を採った。線径1・31ミリメートル、長さ5キロメートルの線材を18テスラの磁場で測定した結果、ブロンズ法に比べて約1・5倍となる、1平方ミリメートル当たり345アンペアの臨界電流密度を確認した。

 ブロンズ内の錫濃度に制約されないため、高い臨界電流密度を得られる。ニオブ、錫、銅はブロンズに比べて加工性に優れるので、伸線工程における中間焼鈍を省略でき、製造リードタイムの短縮にもつながる。臨界電流密度を高めることで、分析装置の高精度化に伴うマグネットの高磁場要求に対応する。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ