• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年12月13日

三菱日立製鉄機械、新マッシュシーム溶接機開発 接合強度向上 板厚6ミリまで対応

 三菱日立製鉄機械は、新連続冷間圧延システムにおいて、先行コイル尾端と後行コイル先端を接合する新マッシュシーム溶接機(CSW)を開発した。製鉄用プロセスラインの酸洗用溶接機や、自動車工場の溶接ラインにも適用できる。従来のマッシュシーム溶接機(MSW)では不可能だった接合率向上など、耐圧延性を強化するとともに、最大板厚6ミリまで対応するなど、大幅に性能をアップした。

 新マッシュシーム溶接機の特長として、大電流・高加圧力での溶接により、接合強度を向上させた。また、板厚6ミリまで対応が可能で、製鉄用プロセスラインでの酸洗用溶接機や、自動車工場の溶接ラインに適用できる。また、同社のクロス圧延技術を応用したクロススウェージングによる接合段差の平坦化を実現したことで、ロールへの疵が軽減され、製品歩留まりが向上し高強度材料にも適用できる。

 一方、他タイプの溶接機に比べてコンパクトで、更新上の制約がない。塵が発生することなく、クリーンな状態で溶接できる。精度管理する部品は少なく、メンテナンス性に優れ、ランニングコストも抑制できる―など、需要家メリットは多い。

 三菱日立製鉄機械は、広島事業所の新連続冷間圧延システム実証設備に、新マッシュシーム溶接機を導入しており、実証試験を終了した低炭素鋼以外の材料(高張力鋼、高炭素鋼)に関しても、溶接接合効果を確認している。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ