• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年1月29日

三機工業・新日鉄住金エンジ、データセンタ向け空調システム開発

 三機工業と新日鉄住金エンジニアリングは28日、データセンタ向けサーバ冷却技術として床下設置型局所空調システム「L―LAC」を共同開発したと発表した。

新製品・新技術 ITの急速な発展と普及に伴い、データセンタに設置されるIT機器(サーバ)は高密度化が進んでいる。従来はサーバラック当たりの電力供給量は2―4キロボルトアンペアだったが、近年では6―10キロボルトアンペアになり、さらに局所的に30キロボルトアンペア以上の検討も始まっている。IT機器の消費電力や発熱量も増加傾向が予想され、高効率な冷却技術の開発が急務。またサーバルーム全域の気流や温度の分布予測と、実測に基づく効率的運用管理が重要視されている。

 共同開発したL―LACは、高密度サーバを搭載したラックの直下に設置し、下吹空調機と併用運転でサーバを冷却するコンパクトな局所空調システム。L―LAC本体は冷却コイル、ファンユニット、サーバ排熱を戻すキャンバスダクトで構成される。床下に設置するため、サーバラックのスペースを減少させず、また高密度サーバの配置に合わせて、フレキシブルに局所で対応することが可能だ。

 下吹空調機とL―LAC本体が排熱処理を全体と局所で分担するため、熱だまりを解消することができる。これによって、全体の供給風量を増加させることなく、効率的にサーバラック回りの熱環境を改善できる。また空調搬送動力を最大で50%程度低減するなど、省エネルギー性に優れ、継手を極力減らすなど漏水に関するリスク対策も講じている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ