• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年2月28日

東北大学、配線用銅ペーストを開発 太陽電池向け15年量産

 東北大学は、太陽電池の配線用銅ペーストの実用化技術を開発した。現在使われている銀ペーストと比べ、材料コストの2割以上低減を期待できる。来年度に銅ペーストの製造会社を立ち上げ、実用化サイズでの実証試験や量産技術の開発を行い、2015年の販売開始を目指す。

新製品・新技術 太陽電池の受光面の電極には、主に銀配線が使われる。市場では価格が安い銅へのシフト要求もあるが、銅はシリコンウエハー中に拡散したり、酸化して抵抗値が高まったりする課題があった。

 東北大学未来科学技術共同研究センターの小池淳一教授の研究室は、ウエハーと銅配線の間に拡散バリア層を形成し、酸化させずに銅ペーストを焼結する要素技術を確立した。

 5―10ナノメートルの拡散バリア層を形成することで、ウエハーへの銅の拡散を防ぐだけでなく、銅ペーストの密着性も高める。バリア材料は非結晶の酸化物で、現在特許を申請している。

 銅ペーストの焼結は通常、酸化を防ぐため窒素環境下で行わねばならず、樹脂などの不純物が残りやすい。同研究室は酸化と還元を同時に実施することで、銅の酸化を防ぎながら不純物も除去する独自プロセスを開発。焼結後の電気抵抗率は銀と同水準に抑えられることを確認した。

 太陽電池セルの材料コストで銀は4分の1から半分程度を占め、銅に置き換えればコストが2割以上下がる。欧州などでは銅配線シフトのロードマップも示されており、「こうしたニーズを取り込めれば、新規参入でもシェア拡大できる」(小池教授)とみている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ