• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年4月3日

LIXIL、アルミサッシのリサイクルを実現 高度選別技術を開発

 LIXILは2日、早稲田大学や阪和興業と共同で、アルミサッシスクラップを再びサッシ原料として利用する「サッシtoサッシ」のリサイクル技術を確立したと発表した。サッシスクラップは主に二次合金原料に使われているが、透過エックス線を利用した選別技術により不純物を高度に除去できるようになった。同社は来年度の実用化を目指し、プラントの規模や立地などを検討する。

新製品・新技術 透過エックス線を利用した選別技術とパイロットプラントの設計、製作はアーステクニカ(本社=東京都千代田区)が担当。早稲田大学理工学術院がまとめ役で、阪和興業は市中解体アルミサッシの回収システム検討を担当した。ポニー工業(本社=大阪市)も、蛍光エックス線を利用した選別技術開発で加わった。

 住宅解体工事で発生する市中解体アルミサッシは、樹脂、ゴム、木くず、ビスや施錠金物などが混入し、これらの不純物を手作業や重液選別で取り除いて再利用する。だが、不純物を完全に除去するのは難しく、自動車用ダイカスト向けの二次合金原料に多く使用される。

 高度選別機はチップ状に破砕したサッシをエックス線分析で選別。今年1―2月にかけて行った分析結果で、ランニングコストも含めた「サッシtoサッシ」リサイクルへの実用化のめどが立った。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/11/16
H2新断プレス
33100円 (―)35700円 (―)
290.17ドル (1.04)312.97ドル (1.13)

 換算レート (TTS) 114.07円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/11/16調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7800078000
鉄スクラップ
H22400020500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 786 781 784 779
電気亜鉛 407 401 407 401
電気鉛 334 331 334 331
アルミ二次地金 99% 222 217 222 217

非鉄金属市場価格へ