• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年7月4日

日軽金アクト、高強度7000系合金発売 用途開発を推進

日本軽金属グループの日軽金アクト(東京都品川区、清水幹雄社長)は3日、高強度7000系アルミニウム合金「NA700」を開発し、発売したと発表した。「NA700」は、アルミ合金の中で最高レベルの強度を持つアルミ―亜鉛―マグネシウム―銅系合金。高強度で軽量性を必要とする各種工作機械部品、航空機をはじめとする輸送機器部材、レジャー用品分野の開拓を図っていく。 熱処理材の引張強さは代表値として800メガパスカル級が得られており、超々ジュラルミンの呼称で知られる「7075」と比較して20―30%高く、延性はほぼ同等。同社が開発した粉末合金「メゾアライト」と同レベルの強度を確保し、延性も向上させた。 さらに、鋳造法と合金設計の改良により大径ビレットの製造を実現し、大型で自由度のある断面形状の押出が可能となった。 押出材の製造実績例として、丸棒が外径φ20―100ミリメートル、角棒で厚さ15―幅115ミリメートル。そのほか、切削性や鍛造加工性評価、および陽極酸化皮膜性が良好としている。 同社ではステンレスやチタン合金の代替素材として、すでにレジャー分野の一部で量産実績があり、広範囲なユーザーと性能評価・用途開発を推進。今後は日本軽金属グループ各社との連携で、アルミの特長を生かした高機能・高品質な製品を開発・提供し、多用なユーザーニーズに応えていく方針。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ