• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年9月6日

東北特殊鋼と東北大、燃料電池用快削電磁ステンレスを開発

東北特殊鋼は5日、東北大学と共同で燃料電池用快削電磁ステンレスを開発したと発表した。固体高分子形燃料電池を健全に作動させるために、純水の流れを制御する電磁弁鉄心用の需要を見込む。従来、快削材料がなかった高耐食性電磁ステンレス製の水用電磁弁部品の加工コストが低減され、燃料電池の普及促進に貢献することが期待されるという。開発成果は、9月24日に福島市で開催される腐食防食学会主催の「第60回材料と環境討論会」で発表する。

固体高分子形燃料電池では、電解質膜の加湿、水素を発生させるための都市ガスの水蒸気改質、電極の冷却などのために純水が使われる。この純水の流れを制御する電磁弁の部品の腐食や、材料成分の溶け出しなどによって水質が劣化すると、発電性能の低下を速めることから、これらの部品には水環境で高い耐食性を持つ材料が使われている。そのような高耐食性と優れた磁気特性(電磁弁を動かす電磁石の鉄心としての性能)を持つ材料として、東北特殊鋼の電磁ステンレス(K―M38)が広く使われているが、高い耐食性を持たせるために、主要組成(18Crなど)以外には、マンガン硫化物(MnS)などの切削性を良くする成分をほとんど添加していないことから、電磁弁メーカーなどから切削性の改善を要望されていた。

K―M38は近年、固体高分子形燃料電池部品用材料としての普及が進み、切削コストを下げたいとのメーカーの要望が強くなってきたことから、金属材料中の硫化物の電気化学的性質に詳しい東北大の原信義教授が東北特殊鋼から委託を受け、固体高分子形燃料電池を模擬した水環境(80℃、超純水)でのK―M38CSの耐食性と成分元素の溶出挙動について評価した。その結果、K―M38CSはチタン炭硫化物が分散していても、K―M38と同等の耐食性を有し、代替鋼として使用可能であることが確認されたため、詳細を腐食防食学会主催の第60回材料と環境討論会で発表するとともに、試作材を電磁弁メーカーのサンプル評価に供しながら、順次、量産することとした。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ