• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年10月24日

ハイパーイメージング分光装置 JFEテクノリサーチ発売 鋼材のサビ進行測定可能

ハイパーイメージング分光装置 JFEテクノリサーチ発売 鋼材のサビ進行測定可能

JFEテクノリサーチ(影近博社長)は23日、ハンディタイプのハイパーイメージング分光装置=写真=を開発し、11月から販売を開始すると発表した。分光データを2次元(面)で採取できるハンディータイプ装置の開発は初めて。価格は1台当たり500万円弱で、年間10台の販売を目指す。老朽化インフラ整備が進むとみられる中、持ち運びが可能というメリットを生かし、橋梁など鋼材のさび進行状況や、コンクリート劣化の状態などを、現場にてスペクトル測定ができるため、ニーズが高まるとみられる。

今回開発したハイパーイメージング分光装置は、ノート型コンピュータに接続できるカメラを使用することで、装置を小型・軽量化し、可搬型を実現。測定対象の近くまで持ち込んで、ハイパースペクトルデータを採取することが可能となる。

ハンディータイプの利点を生かし、植物の葉や幹の2次元スペクトルを生殖場所で傷つけずに測定できる。また人体を測定する場合、測定時間が短いなど被験者の負担を軽減する。小型UAV(ラジコンヘリコプターなど無人飛行物体)では、機体への負荷が軽減できる―などメリットが多い。

測定の自由度が高いことから、農業や林業、環境などの分野での植生の測定、医療や美容などの分野での人体の測定、衛生や品質管理などの分野での食品の測定など、幅広い分野で応用展開を計画している。

同装置は、30日から東京ビッグサイトで開催される「インフラ検査・維持管理展」で展示する予定。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/02/28
H2新断プレス
26700円 (400)29300円 (300)
235.12ドル (2.75)258.01ドル (1.78)

 換算レート (TTS) 113.56円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/02/28調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5400052000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H21750015000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 690 685 688 683
電気亜鉛 363 357 363 357
電気鉛 315 312 315 312
アルミ二次地金 99% 215 210 215 210

非鉄金属市場価格へ