• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年8月10日

異形棒市況、東西ともに6万円割れ

 関東地区の異形棒鋼市況は、直送で5カ月ぶりにトン6万円を割った。足元は直送5万9000円、在庫6万2000円どころ。年初5万1000円でスタートした後、原料鉄スクラップ価格の上昇を背景に、小棒電炉メーカー各社は販価引き上げに注力。一時6万8000円まで上昇したが、原料価格が反落したことで、ゼネコン各社の下押し圧力が強まった。

 関西地区でも市況が3月下旬以来約4カ月半ぶりに6万円の水準を割り込み、トン当たり5万5000円(ベースサイズ、直送)どころとなった。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/05/19
H2新断プレス
23700円 (―)26500円 (―)
210.85ドル (-0.64)235.77ドル (-0.71)

 換算レート (TTS) 112.4円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/05/19調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21350012500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 643 638 641 636
電気亜鉛 328 322 328 322
電気鉛 295 292 295 292
アルミ二次地金 99% 226 221 226 221

非鉄金属市場価格へ