• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年11月26日

電炉2社が”独自路線” 東鉄販価追随せず

 普通鋼電炉業界は、10月末以降の原材料の上伸で、採算悪化が一段と深刻になっていたが、ここにきて共英製鋼、大阪製鉄が製品価格を引き上げ、採算改善に本格的に乗り出した。従来は多くの電炉メーカーは東京製鉄追随の価格決定となるケースが多かった。

 このため、東鉄が12月販売で異形棒鋼、線材を2000円の小幅値上げ、その他品種は据え置いたことで、今回も他メーカーはこれに同調するとの見方が支配的だったが、両社は12月販売で予想以上の幅の値上げを実施した。赤字が拡大する経営環境を打破するため、独自路線を打ち出したものとみられ、市場への価格浸透や他メーカーへの波及が注目される。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/07/20
H2新断プレス
34300円 (―)39000円 (―)
301.91ドル (0.4)343.28ドル (0.45)

 換算レート (TTS) 113.61円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/07/20調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22500021500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 704 699 702 697
電気亜鉛 337 331 337 331
電気鉛 309 306 309 306
アルミ二次地金 99% 220 215 220 215

非鉄金属市場価格へ