• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月3日

韓・POSCO、浦項市に鉄スクラップ処理工場を建設

 韓国のPOSCOは、CO2排出対策の一環として浦項製鉄所のある浦項市に本格的な鉄スクラップ処理工場を建設する。新会社方式で運営する計画で、子会社のポスチールとNIスチールが共同出資で浦項SRDC(SCRAP RECYCLING DISTRIBUTION CENTER)を設立した。加工機械は、1250トンギロチンとプレス機が主体。6月稼働予定。年間3万トンの処理能力で、浦項製鉄所の転炉に挿入し、コストとCO2削減対策として活用していく。

 1250トンギロチンは、日本のモリタ環境テック(本社・千葉県船橋市)が受注し、2月上旬にPOSCOプランテック向けに出荷した。これを浦項RSDC内に設置し、ヤード内処理をスタートさせる。

 浦項SRDCは、NIスチールが所有する用地1万1000坪を活用して設立されており、ポスチールが51%、NIスチールが49%を出資。年間3万トンのスクラップを処理する計画で、全量POSCO浦項製鉄所向けに供給する。

 POSCOは、高騰する鉄鉱石対策とCO2削減から鉄スクラップの有効活用を計画しており、自社グループ内で処理する体制が構築されるとスクラップの安定的な確保が進む。今回の浦項SRDCが完成すれば、光陽製鉄所向けにも新しい処理ヤードを光陽市内に建設する計画。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ