• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月9日

韓国・電炉メーカー、鉄スクラップ値下げ回避

 現代製鉄、東国製鋼など韓国の電炉メーカーは、国内鉄スクラップ価格を今週末値下げする可能性が示唆されていたが、大手は回避の方向で調整し始めた。全体としては量の確保が一段落したため値下げしてコストを下げる意向が強かった。しかし値下げでは入荷水準が大きく低下する懸念があり、様子を見ることになった。韓国内の異形棒メーカーは、前期で営業収益が赤字化しているところが多く、中小電炉は値下げの可能性を捨ててはいない。

 韓国電炉は、11月以降海外市場の上昇と国内発生減から国内の鉄スクラップ購入価格を段階的に値上げ。3月までの上げ幅は、トン当たり13万ウォン前後に達している。これに対し、異形棒価格の値上げは1月5万ウォン、2月5万ウォンの10万ウォンだけ。3万ウォンが赤字要因として残されている。このため3月積みでの製品値上げが検討されているが、現状では厳しい。解決策として今週末からのスクラップ値下げが示唆されていた。

 これに対し、韓国内の大手ヤード業者は、日本市場との格差(韓国が安い)がある中での値下げは容認できないとの空気が強い。仮に値下げされれば、もともとヤード内在庫が少ないこともあり、電炉への出荷量は大きく低下するとの見方がある。

 こうしたヤード業者の意向と5月連休に向け日本市場が例年高値寄りに展開する時期に入ることから値下げ慎重論が強くなっている。

 ただ小棒業界では、韓国鉄鋼が前期営業利益が21億ウォンの赤字、大韓製鋼は営業利益が前期比65%減(215億ウォンの黒字)になるなど経営状況は厳しい。

 大手の現代製鉄、東国製鋼は、直近で日本産を4万円以下で契約するなどスポット輸入契約が順調。現代製鉄は工場在庫60万ー70万㌧の目処も付いているようで、購入価格の調整は非常に微妙な状況にある。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ