• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月15日

地震被害、復旧めど立たず グループ総力で対応

 東日本大震災の鉄鋼、非鉄業界への影響が広がっている。巨大地震発生から3日を経過し、東北、関東などに拠点を持つ鉄鋼関連企業の被害報告が14日までに相次いだ。東北地方では地震、津波で直接被害を受けた工場のほか、電力、水道など公共サービスの供給にも支障が出ており多くの工場の操業が止まっている。関東地方では電力需給がひっ迫するなか、節電要請に応じて支障のない設備を止めるケースも出てきた。生産を再開した設備もあるが、港湾、道路など物流にも甚大な被害が出ており、設備、インフラを含め復旧のめどが立たないのが実態だ。

 新日本製鉄では、釜石製鉄所が一部冠水により生産を休止。釜石は自社港湾設備が損壊しており、復旧の見通しが立たない状況だが、他の製鉄所、グループ会社で代替生産、出荷を検討している。君津製鉄所では一時休風していた高炉を13日に稼働。圧延以降の工程も順次稼働しているが、電力需給をにらみながらの慎重な操業体制を敷いている。室蘭製鉄所では設備に大きな被害はなく、その他の製鉄所では津波の影響で出荷荷役を一時停止したものの、津波警報解除を受けて、全所で出荷を再開している。

 JFEスチールは東日本製鉄所京浜地区の高炉で13日に、千葉地区で14日に送風を開始した。ただ、節電に協力するため高炉は保安運転状態を維持し、その他ラインも基本的に停止している。生産はしていないが、すでに出荷準備済みで、需要家から特に要請があったものは出荷している。

 住友金属工業の鹿島製鉄所は地震でガスホルダー、コークス炉、高炉、岸壁クレーンに損傷が出たが、津波による冠水はなかった。すべてのラインを休止しており、グループの総力をあげて全設備の早期立ち上げをめざす考え。和歌山製鉄所、住友金属小倉など他の拠点は通常操業を続けており、グループの総力をあげて安定供給に努めるとしている。

東日本大震災による鉄鋼企業の被害状況第2弾 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ