• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月17日

特殊鋼電炉、東電要請に従い操休

 特殊鋼電炉では、大同特殊鋼が計画停電の対象区域にある渋川工場(群馬県)と王子工場(同)で、停電時間帯に原則操業を休止。対象区域外の川崎工場と君津工場は原則通常操業だが、東電から要請があれば操業を休止する。

 日立金属は熊谷工場(埼玉県)と熊谷製作所(同)、真岡工場(栃木県)、子会社のオートテック(福島県)が計画停電を織り込んで生産計画を立て、生産量に影響はなく、ほぼフル操業を継続している。

 三菱製鋼は宇都宮製作所が一部設備の復旧を進め、操業再開後は停電への対応を図る。一方で福島原発事故に伴い、宇都宮製作所と広田製作所の全従業員を一時自宅待機させており、情報収集に努め、安全を確保した上で操業を再開する。

デリバリー苦慮 特殊鋼の浦安流通

 特殊鋼流通の各社は、浦安鉄鋼団地(千葉県浦安市)に在庫倉庫を、福島、茨城、宮城の各県に支店、切断・加工設備を備えている企業が多い。浦安は第一団地に居を構える企業の損傷が、第二団地と比較して大きく、液状化現象による建物・敷地の一部損壊が目立つ。東北・北関東地区の支店では、地震の影響に加え、東京電力による計画停電により、機械設備の稼働開始への懸念が高まっている。需給は一時的にタイト化する可能性が高い。出荷面でも、配送車の燃料確保が喫緊の課題となるなど、地震から派生した二重三重の問題が積み上がっている。

 ある流通の社長は、目先の特殊鋼需給バランスについて「東北地区は自動車がないと生活できない。復旧に向けた公共工事も建設機械が必要。その意味では今後、建機、自動車需要は確実に増えるだろうが、メーカーに部品を納めるわれわれ流通のデリバリー機能がマヒしている」と話す。

 ある社長は「福島の工場は数日で稼働できる状況だが、ユーザーの状況が不明。道路網が決壊しているところもあり、この1カ月間の顧客対応は難しい」と見通しを示した。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ