• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月17日

復旧支援本格化の動き 橋建協は対策本部で集約

 東日本大震災の被害が広がる中、鉄鋼業界の被災地復旧支援の動きが始まった。経済産業省や国土交通省など各省庁が日本鉄鋼連盟や日本橋梁建設協会など、業界団体に災害応急対策を要請しており、会員各社の個別対応が基本となるが、各業界団体、各業界は支援策を本格化する。

 鉄連には経産省、国交省からそれぞれ要請があった。経産省からは、亜鉛鉄板の万全な供給体制整備についての要請があり、建材薄板技術・普及委員会で加盟企業ごとの対策などを検討していく予定。国交省からは、節電と建設資機材、労働力の確保などの災害応急対策の要請があり、加盟各社に協力を要請した。

 橋建協には国交省からの災害応急対策要請に加えて、首都高速道路、NEXCO東日本、東北地方整備局、北陸地方整備局、茨城県などから橋梁の点検・調査・補修など具体的な依頼があり、会員各社で対応している。会員各社の個別対応が基本となるが、新設した「東北地方太平洋沖地震対策本部」が、各社の調査予定など報告を集約し、道路管理者に報告している。

 全日本板金工業組合連合会、日本建築板金協会は国交省からの要請を受けて、近く対策本部を設置する予定。

 政府は東日本大震災を激甚災害に指定しており、これから災害復旧資材などの発注が具体化してくる。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ