• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月22日

東北ファブ、資材加工需要出だす JR・プレハブ住宅向け

 東北の鉄構業者に、震災復旧用資材の加工需要が出始めてきた。JR東日本が湾曲した鉄道レールを修復する矯正板の厚板加工の緊急発注を検討。避難者用のプレハブ住宅が、東北で3万戸以上必要とされ、鉄構業者にJR東日本やプレハブメーカーが対応を要請している。ライフライン確保に向けた復旧工事が本格化する見込みだが、鉄構業者では鋼材の確保に苦心しており、物流の回復が急がれている。

 JR東日本では矯正板1万7000枚を必要とし、厚板(SS400、0・9―19ミリ厚)で10タイプ(各1700枚)をそろえる必要があり、複数の鉄構業者に加工可能量を問い合わせてきている。鉄構業者では商社やシャーリング業者に材料支給を求め、対応可能な数量をJR側に伝えている。

 プレハブメーカーは、以前から取引のある鉄骨加工業者に、プレハブ住宅用の軽量鉄骨の加工を打診。岩手県で8000戸など大量発注となり、複数の加工業者が応じる見通し。軽量形鋼を加工して柱や梁の部品を製作し、現場で組み立てる。正式な発注はこれからだが、近く加工業者の割り当てが決まる見込み。震災の影響でビル建築が延期されるなど需要が減る中、鉄構業者は復旧工事の対応に取り組む。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ