• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月23日

電力不足、鉄鋼需要に影響懸念

 福島原発事故に伴う電力不足で、産業活動の停滞が続き、鉄鋼需要への影響が長期化する懸念が強まってきた。大手需要家だけでなく、鋼材の熱処理や鋳物など短時間の操業停止が困難な業種は多く、産業全体の生産に影響を及ぼしつつある。産業界は生産計画を立てやすい電力の総量規制を求め、政府は計画停電地域を細分化するなど対策を講じるが、電力不足解消の道筋は見えてこない。需要家の生産地移転の可能性が出始めており、鉄鋼の供給構造にも変化を与えかねない。

 「電気炉は立ち上げに2時間以上かかる。停電時間プラス2時間では実稼働時間が取れず、当日の生産を見送らざるを得なかった」(金属熱処理業)、「IC製造装置は一旦止めると正常稼働までに40時間必要。停電が頻繁になると、長期休業を考えざるを得ない」(半導体製造業)。全国中小企業団体中央会には、こうした声が相次いでいる。部品調達が不十分なために、富士重工業は24日まで操業を見合わせ、トヨタも全完成車工場の23日操業再開を見送った。計画停電が部品産業、さらに大手の組立産業の停滞を長引かせている。

 原発事故に対し、海江田万里・経済産業相は22日の会見で、「よい方向に進んでいるとは言えず、厳しい状況にある」と説明。被災地での需要増などで電力不足の状態は続くため、経産省は22日、計画停電5グループを細分化するとともに、1時間ごとの電力使用状況の提示を決め、「予測を立てられるように」(海江田大臣)し、企業の生産対応に役立てる。

 一方で経済同友会が、企業の使用量を制限する総量規制など停電方法の見直しを要望。総量規制は企業ごとに停電時期が決められ、一定の操業維持が可能となる。政府が22日に開いた中小企業対策連絡本部の会合で、製造業の海外移転を防ぐ手だてが必要と提案された。電力対策の遅れによっては、鉄鋼需要への間接的影響が広がる可能性もある。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ