• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月25日

韓国電炉、鉄スクラップを一斉に値下げ

 現代製鉄などの韓国電炉メーカー各社は、今週初めから韓国内鉄スクラップ購入価格をトン当たり1―2万ウォン値下げした。東日本大震災後、日本のスクラップ市況が上昇するとの観測が韓国市場では一時的にあったが、逆に軟化したことから買い安心感が広まり、韓国メーカーは一斉に値下げした。

 韓国の鉄スクラップ市場は、収益対策から一旦国内スクラップの買値を引き下げたほうが良いとの空気が強まり、先行して現代製鉄が15日から1万ウォン値下げした。この値下げは、あまり浸透せず追随するメーカーも無かった。

 こうした中で日本の震災後の市況の方向感が軟化含みで定着したことから韓国電炉は、小幅値下げで対応している。YKスチールは21日からトン当たり1万ウォン下げ。韓国特殊形鋼は22日から1万ウォン下げ。現代製鉄は22日から特別枠購入を廃止し、リスト価格での購入に切替え実質的に1―2万ウォンの値下げ。韓国鐵鋼は24日から、大韓製鋼は25日からそれぞれ1万ウォン値下げしている。

 韓国電炉は、日本市場の軟化と震災後、安値で対韓輸出オファーがあったため、先安感をもったようだ。加えて、韓国政府調達庁が6万トンの国家備蓄スクラップの放出をおこなうことを発表し、ムード面でも先安をリードした。

 目先的には一時的に軟化しているが、4月入り後の韓国市場は上げ含みとの見方が強く、これからさらに下押す可能性は低い。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/07/26
H2新断プレス
26700円 (300)29000円 (100)
236.45ドル (1.45)256.82ドル (-0.43)

 換算レート (TTS) 112.92円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/07/26調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21800014000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 717 712 715 710
電気亜鉛 355 349 355 349
電気鉛 306 303 307 304
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ