• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月28日

復旧需要が本格化 資材安定供給には課題

 東日本大震災は、巨大地震発生から3週目に入り、被災地で災害廃棄物の除去や仮設住宅の発注が始まるなど復旧作業が本格化してきた。東北自動車道など陸上輸送網も回復しつつあり、被災地への鋼材、鉄鋼製品の供給要請が高まってくる見通しだ。一方で東京電力福島第1原子力発電所停止による電力不足などの影響が鉄鋼業界にも広がり、復旧資材の安定供給に向けた生産・物流面の課題が浮上してきた。

 被害が大きかった東北の新日本製鉄釜石製鉄所、JFE条鋼仙台製造所、東北スチールは操業停止が続いている。

 関東の鉄鋼メーカーは設備復旧が進んだものの、東電の計画停電による電力制限の影響が広がっている。新日鉄君津、JFEスチール東日本、住友金属工業鹿島の3製鉄所ともに高炉の送風を再開したが発電・節電協力を前提とした生産・出荷を徹底。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ