• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月30日

高炉、価格交渉にジレンマ 震災で環境複雑化

 高炉メーカーの来年度上期の鋼材価格交渉に、不安定要因が増している。東日本大震災によって鋼材需給がアンバランスになっているうえ、自動車、電気、機械などの主力需要家も、現時点では来年度の生産・販売計画を組み立てることが難しい。

 その一方で、高炉メーカーの4―6月期の原料価格は鉄鉱石が1―3月比約25%アップの171ドル(1トン当たり)、原料炭が同47%増の330ドルなどと、大幅に上昇することが確実。すでに1―3月期でも、多くの高炉メーカーの鉄鋼部門の期間損益は赤字に陥っているだけ、資源高騰を受け、価格引き上げは不可避となる。

 近年の交渉の中で、需要家の資源高騰への理解は深まっているとはいえ、資源上昇、震災復旧、需給不安、電力不足、企業の資金繰りなど、めまぐるしい環境変化の中、さまざまなジレンマも抱えているともいえ、鋼材価格交渉は一段と複雑化の様相を濃くしている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/10/19
H2新断プレス
30300円 (―)32800円 (―)
265.81ドル (-1.83)287.74ドル (-1.99)

 換算レート (TTS) 113.99円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/10/19調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7700076000
鉄スクラップ
H22100018500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 810 805 808 803
電気亜鉛 408 402 408 402
電気鉛 336 333 336 333
アルミ二次地金 99% 219 214 219 214

非鉄金属市場価格へ