• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年8月30日

高炉、薄板の輸出価格引上げ

 東アジアの薄板市況が緩やかながら底離れしてきたことで、国内高炉メーカーも薄板の輸出価格の引き上げに動き出した。

 原料価格が高止まりしているうえ、1ドル=70円台という記録的な円高などなお構造的な逆風は続いているが、現状に比べホットコイルで50ドル程度の値上げオファーで商談を開始。東南アジアな一部需要家からは10月積みで30ドル程度の値上げビッドもみられるという。欧州や中国経済の先行き不透明から、市況上昇が本格化するかは流動的だが、高炉筋では「数量を抑制」(高炉メーカー輸出関係者)し、価格重視の姿勢を取る構えだ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/09/25
H2新断プレス
31900円 (―)34300円 (―)
280.98ドル (-0.72)302.12ドル (-0.78)

 換算レート (TTS) 113.53円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/09/25調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7500075000
鉄スクラップ
H22300019500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 746 741 744 739
電気亜鉛 386 380 386 380
電気鉛 314 311 314 311
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ