• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年11月16日

日新・日金工、来年10月めどに統合 検討開始を正式発表

 日新製鋼とステンレス専業メーカーの日本金属工業は15日、2012年10月1日をめどに経営統合に向けて検討を開始することに合意したと発表した。共同株式移転の方法により持ち株会社を設立し、両社はその完全子会社として傘下に入る。この結果、両社は上場廃止となり、完全親会社となる共同持ち株会社が新規上場申請を行う予定。

 内需が低迷する中、伸びるグローバル市場で成長するための技術・設備など、経営資源の統合シナジーを追求し、国際競争力を高めて生き残りを図る。統合による年間のステンレス粗鋼生産能力は約100万トンと、国内最大手・新日鉄住金ステンレスに匹敵する規模となり、冷延鋼板では35%(2010年度)のシェアを握る最大手となる。本紙既報の通り、両社は統合の検討開始に向けた協議を重ね、今回の正式発表に至った。

 両社は統合を通じて、ステンレス総合力ナンバーワンメーカーの地位を確立し、グローバル・ステンレストップメーカーへの飛躍を目指すための目標として、次の項目に取り組む方針を示した。

 ①両社の最終製品と生産ラインの特性を踏まえて、最適な生産体制の組み合わせを構築し、効率的な設備投資による圧倒的なコスト競争力を実現する②ひも付き販売分野を得意とする日新と店売り市場で定評のある日金工など、販売体制や販売ネットワークの組み合わせによる顧客ニーズ対応、ブランド価値向上③有形・無形の経営資源を最大限活用し、両社の技術力と開発力を結集④原料購入におけるボリュームメリットの追求⑤両社の海外ネットワークを活かした需要捕捉とグローバル化や海外生産移行への対応――など。

日新製鋼の三喜俊典社長と日本金属工業の義村博社長の会見要旨。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ