• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年8月16日

12年上期回顧と秋口見通し、関西・鋼板

 関西地区の鋼板市況は上半期、全般的に引き締まらない展開となった。品種的には厚板は年明け、8万円(トン当たり。19ミリ厚の4×8サイズ)どころで弱基調でスタート。供給については国内高炉メーカーは昨年まで月間100万トンを超える生産をしていたが、今年は造船のスローダウンもあって、生産量は月間94万―96万トン程度まで落ちている。地区の店売り市場に影響力のある中山製鋼所も基本的には一定量の生産にとどめた。ただ、輸入材は入着量は昨年同時期に比べ4―5割増の月間4万4000―4万5000トンと高水準な状態が続き、ひも付き市場でシェアを拡大している。

 一方、冷延薄板は国内高炉が月間54万トン前後の高水準な生産を継続している。輸出は前年同期比で15―20%程度減の月間25%程度だが、自動車向けなどのひも付き向け出荷が好調で、店売り向け出荷は絞っている。ただ輸入材は月間平均で7万5000トンと高水準。地区コイルセンターの同品種の入荷も抑制された状態が続いているが、出荷の低迷が響き、供給タイト感が出てこない。在庫もコイルセンター段階で圧縮が遅れており、在庫率は現段階でも1・3―1・4カ月程度となっている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/07/19
H2新断プレス
34300円 (―)39000円 (―)
301.51ドル (0.66)342.83ドル (0.75)

 換算レート (TTS) 113.76円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/07/19調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22500021500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 714 709 712 707
電気亜鉛 332 326 332 326
電気鉛 309 306 309 306
アルミ二次地金 99% 220 215 220 215

非鉄金属市場価格へ