- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - http://www.japanmetal.com -

東京地区の構造用鋼、在庫過剰で弱基調

 構造用鋼は弱基調が続いている。普通鋼電炉メーカーの供給量がマーケットの需要を上回っており、需給バランスは緩んでいる。このため、在庫が過剰傾向にあり、流通サイドも市況のジリ安に頭を抱えている。

 足元、機械構造用炭素鋼(丸鋼、SC)はトン11万2000円―11万4000円どころ、クロムモリブデン鋼(SCM、丸鋼)はトン13万7000―13万9000円どころ。11月に一段下がった市況だが、今月も需要が低調なため、この推移は続きそうだ。