• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年2月19日

鉄スクラップ 1―3月見通し 輸出 前年上回る高水準、内需は堅調推移

2013年1―3月の鉄スクラップ需要は、国内では前年同期並みからやや増加、輸出は前年同期より高い水準で推移することが見込まれる。国内の建設需要回復への期待から生産が顕著に落ち込むとは考えにくく、一方で輸出については韓国メーカーからの日本産鉄スクラップへの引き合いが続くと見られる。

国内需要については、経済産業省が発表した1―3月期の粗鋼生産計画で2611万2000トン(前期実績見込み比0・8%増)としている。日本鉄源協会の資料による11年度の粗鋼生産量に対する鉄スクラップ消費量の比率は31・7%、製鋼歩留り(粗鋼生産/鉄源消費)は92・0%で、これを基にした1―3月の鉄スクラップ見掛け消費量は約894万トンと推計される(鉄源協資料による前年同期実績は898万8000トン)。

鉄スクラップ需要で最も大きい国内電炉メーカーによる消費量は、復興需要本格化などに向けた異形棒鋼やH形鋼といった建材関係の生産増による増加が見込まれている。

鉄スクラップ輸出については、12暦年は月次平均70万トン台と好調、昨年末からの円高是正もあり、増減はあるものの比較的高い水準を維持すると見られる。主要な向け先である韓国メーカーに対しては2月分までの契約残があると見られ、3月以降についても米国産などの手当てが進んでいないことから、日本産への一定量の引き合いが出ると見られている。 ...

産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ