• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年5月29日

異形棒市況、東西で温度差

異形棒市況、東西で温度差

 異形棒鋼市況は、東西で市場のムードに温度差が出てきた。関東では市況はこう着状態にある一方、関西地区では弱気配が出始めている。「需要があるかどうかが、大きな差になっている」(商社営業担当者)。関東では大型プロジェクトなどで需要が底堅いものの、関西では需要が大きく落ち込んでいるいるため、関西では流通が新規案件を確保するために、安値取引する傾向にあり、東西市況の差は今後、鮮明化する可能性もある。関東の異形棒鋼需要は25万トン程度とリーマン・ショック前に比べて1割減にとどまっている中、相応の減産をしているため、メーカーは販売価格を維持しやすい環境にある。一方、関西は減産幅以上に需要が減少しているため、需給の緩和傾向が大きく市況が軟化しやすい傾向にあるようだ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/03/27
H2新断プレス
29400円 (―)32300円 (―)
263.82ドル (2.14)289.84ドル (2.35)

 換算レート (TTS) 111.44円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/03/27調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5400055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H22050017500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 662 657 660 655
電気亜鉛 355 349 355 349
電気鉛 308 305 308 305
アルミ二次地金 99% 223 218 223 218

非鉄金属市場価格へ