• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年12月10日

コイルセンター、”設備過剰”解消進む

 国内コイルセンターの課題である「設備過剰」の解消が、緩やかながら前進しつつある。産業新聞社が調べた全国コイルセンターの主要設備は5年前の2008年12月に比べ、レベラーライン(普通鋼・広幅用、板厚最大1・0ミリ以上)が16基減(7・0%減)の228基、スリッターライン(同)が15本減(5・1%減)の293基に減少した。08年のリーマン・ショックが契機となり、各社が競争力を取り戻すべく、工場や老朽化設備の統廃合を進めた。10年以降、出荷量はほぼ横ばいで推移しているものの、全体のライン数が減ったことで、稼働率は上昇傾向にある。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/09/15
H2新断プレス
31300円 (―)33800円 (―)
281.45ドル (1.11)303.93ドル (1.2)

 換算レート (TTS) 111.21円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/09/15調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000058000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400075000
鉄スクラップ
H22300018000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 736 731 734 729
電気亜鉛 376 370 376 370
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ