• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年12月10日

JFE、新型ハイカーボン材開発 加工性大幅に向上

JFE、新型ハイカーボン材開発 加工性大幅に向上

 JFEスチールは10日、ギヤやピストンなど自動車の駆動系部品として主に使われるハイカーボン材(高炭素熱延鋼板)で、JIS規格品に比べ加工性を大幅に高めた新商品「スーパーホット―G」を開発したと発表した。加工性の目安となる破断伸び率は、炭素含有量0・35%のJIS機械構造用炭素鋼(S35C)が30%台前半だが、「スーパーホット―G」は40%台。これまで薄板プレス成形が困難で、鍛造・溶接・切削などを使い複数部品の一体化で対応していた駆動系部品のプレス成形化を拡大したい考え。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/01/18
H2新断プレス
36800円 (―)39500円 (―)
327.61ドル (-2.85)351.64ドル (-3.07)

 換算レート (TTS) 112.33円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/01/18調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6700066000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8000080000
鉄スクラップ
H22750023500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 804 799 802 797
電気亜鉛 424 418 424 418
電気鉛 340 337 340 337
アルミ二次地金 99% 230 225 230 225

非鉄金属市場価格へ