• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年2月18日

トヨタ自動車、支給材価格据え置き 集購連絡会開催見送り

 トヨタ自動車は今月中下旬に行うとみられていた集中購買連絡会の開催を見送る。扱い商社筋等には文書で通達した。「時間切れのためとしているが、集中購買連絡会が開かれないのは異例。過去にもなかったのでは」(商社筋)としている。この結果、4月からの支給材価格は、本年度下期の横ばいとなる。

 2月の連絡会は来年度上期の部品査定の基準となる支給材価格を伝えるため、関係者の関心が高かった。しかし、高炉メーカーとの本年度下期のひも付き交渉が大筋横ばいで決まった中、経済産業省が5年ぶりに改訂した「自動車産業適正取引ガイドライン」で、「支給材価格(集中購買価格)」を取り上げ、部品メーカーなどが支給材基準で自社調達の価格変動を抑えることは下請法で禁止する“買いたたき”に該当する恐れがあると指摘したことなどを受け、無用な誤解を招く恐れがあると判断、見送ったものとみられる。

 支給材価格は、自動車メーカーが独自で決定する鉄鋼部品を査定する際の基準価格。部品メーカーの自己調達は、支給材価格の動向に左右されるケースが多いため、鉄鋼関係者の間では今後の価格動向を占う大きな指標の一つとされ、特にトヨタ自動車と関係の深い中部地区では、自動車関連はもちろん、非自動車業界についても「ベンチマーク」となっている。

 円高下での部品競争力の確保、原料動向を踏まえた鋼材価格交渉の遅延のため、近年はネット価格と支給材価格の変動に乖離がみられた。昨年春には鋼材メーカーが原料事情から値上げを打ち出す一方、トヨタは支給材価格を引き下げ、部品メーカーの自給取引では、支給材価格を理由に価格転嫁が進まないといった混乱が生じた。入荷から出荷まで足の長い製品を扱う線材や磨棒鋼などの二・三次メーカーはその対策に苦慮、経済産業省に改善を陳情していた。

 トヨタはここにきて円高が大きく修正され、部品メーカーの競争力が向上したこと、また高炉メーカーと交渉していた本年度下期(10―3月)のひも付き鋼材価格格交渉が、鉄鋼原料価格の変動幅縮小などから上期比横ばい、または一部小幅値下げと小幅変動でまとまったこと―などの事情を考慮し、部品メーカーを集める形の集中購買連絡会の開催取りやめを決めたようだ。支給材価格は書類ベースの資料として渡され、関係筋によると昨年度下期の価格で据え置きとなっている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/08/16
H2新断プレス
29000円 (―)31300円 (―)
259.6ドル (-1.17)280.19ドル (-1.26)

 換算レート (TTS) 111.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/08/16調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5700055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H22000016500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 726 721 724 719
電気亜鉛 360 354 360 354
電気鉛 311 308 311 308
アルミ二次地金 99% 209 204 209 204

非鉄金属市場価格へ