• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年3月7日

日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」、グランドオープン 鋼材使用量5万トン強

あべのハルカス(大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目)が7日、グランドオープンする。近畿日本鉄道が大阪阿部野橋駅、および近鉄百貨店阿倍野本店として利用する阿部野橋ターミナルビルとして建設したもので、タワー館は高さ300メートルと日本一の超高層複合ビル。鋼材使用量は5万トン強で、このうち鉄骨は柱材が1万8000トン、梁材が2万数千トンと関西地区においては超大型建築。

設計が竹中工務店(全般)、外装監修がペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ、施工は竹中工務店、奥村組、大林組、大日本土木、錢高組のJV。敷地面積は約2万8700平方メートル、延べ床面積が21万2000平方メートル(タワー館)、地上60階・地下5階のSRC&S造。

基礎工事は2010年1月から開始。地下部分の施工は逆打ち工法を採用し、PC化やユニット化を徹底した。基礎工事用の連壁材としてH形鋼が約7000トン、および基礎用鉄筋が約6000トン使用された。11年2月から地上工事を開始した。鉄骨は阪和興業、ヤマネ鉄工建設、竹島鉄工建設などが担当。柱材のうち約6割が四面ボックス、約4割がプレスコラム、梁材はBH(ビルトH形鋼)と外法一定H形鋼がほぼ50%ずつ。四面ボックスは最大で板厚90ミリ、サイズが1300×1300ミリが採用されたもようだ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ