• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年5月15日

普通鋼電炉メーカー16社 7社が前期経常増益

 普通鋼電炉メーカー大手16社(連結10社、非連結6社)の2014年3月期決算が14日に出そろった。14年3月期は建築、土木ともに需要が回復し、H形鋼など形鋼類や厚板の生産・販売は堅調に推移し、市況も上昇。ただ一方で、異形棒鋼は鉄筋工不足など建設現場の労務問題が解消されず、出荷停滞が常態化。13年10―12月で鉄スクラップ価格が急騰するなど、再生産可能なメタルスプレッド(原料購入価格と製品販売価格の差)を確保できない状態が続いたことで、異形棒鋼電炉メーカーは赤字操業が続いた。

 前期比で売上高は中山製鋼所を除く15社が増収。経常損益はJFE条鋼と大和工業、大阪製鉄の3社が増益となり、また東京製鉄と中山製鋼、販売が大幅に回復した中部鋼鈑と日鉄住金スチールの4社が黒字に転換した。その一方でトピー工業、共英製鋼、東京鉄鋼、東京鋼鉄の4社が減益となり、合同製鉄と北越メタル、中山鋼業が赤字に転落したほか、朝日工業が2期連続、伊藤製鉄所は4期連続でそれぞれ赤字になるなど、異形棒鋼を生産する普通鋼電炉メーカーにとっては苦境の1年になった。共英製鋼は大阪工場、朝日工業は埼玉工場の減損損失をそれぞれ計上。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/11/21
H2新断プレス
33500円 (―)36000円 (―)
294.74ドル (-1.22)316.73ドル (-1.32)

 換算レート (TTS) 113.66円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/11/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7800078000
鉄スクラップ
H22400021500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 790 785 788 783
電気亜鉛 407 401 407 401
電気鉛 334 331 334 331
アルミ二次地金 99% 222 217 222 217

非鉄金属市場価格へ