• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年6月2日

紅忠CC関東、前期販売が過去最高 4期連続で経常益確保

 伊藤忠丸紅鉄鋼グループの紅忠コイルセンター関東(本社=埼玉県富士見市、木村隆太社長)の2014年3月期販売量は前期比7%増の8万トンとなり、06年の発足以来最高となった。消費税増税前の駆け込み需要などで主力の家電向けが伸長し、自動車向けも堅調だった。収益面では、高付加価値製品の販売拡大策が奏功。4期連続の経常利益確保につながった。15年3月期は駆け込み需要の反動減が想定される中、前期並みの販売量維持に努めるとともに、付加価値の高いプレコート鋼板(PCM鋼板)のさらなる拡販を図る。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/01/18
H2新断プレス
26400円 (―)29300円 (―)
233.26ドル (4.01)258.88ドル (4.45)

 換算レート (TTS) 113.83円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/01/18調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6900071000
鉄スクラップ
H21750014500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 674 669 672 667
電気亜鉛 346 340 346 340
電気鉛 295 292 295 292
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ