• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年8月29日

関西ファブリケーター、鉄骨単価内訳明確化を

関西地区のファブリケーター関係者の間で、需要がまずまず堅調な間に、鉄骨単価の内訳を明確にしてゼネコンと成約する形態を構築すべきとの認識が広がっている。

地区の鉄骨単価は鉄骨需要が増加する中、昨年から緩やかに上昇し、現在、トン当たり18万―19万5000円となっている。足元は横ばいで推移しているが、リーマン・ショック以降冷え込んだ需要状況の中、過当競争により赤字受注を余儀なくされた時期に比べれば、ファブの採算状況は大きく好転したと言える。

足元の事業状況はまずまず良好だが、ファブ関係者の多くが先々、再び需要が低迷する時期がくると予測している。たとえ需要が落ち込んでも赤字受注が横行する事態になることを避けるために、材料費、溶接費、施工費、労務費など鉄骨単価の内訳を明確にして、ゼネコンと価格交渉し、必要経費を確保した価格帯で成約する形態を構築すべきとの声が強まっている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ