• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年9月8日

新日鉄住金名古屋事故 事故対策委員会を設置

新日鉄住金名古屋製鉄所は5日、3日に発生した第1コークス炉石炭塔の異常燃焼事故に対する取り組みを発表、酒本義嗣・常務執行役員名古屋製鉄所長らが会見を開き説明した。

この中で事故原因については、石炭塔ホッパー内に水分の少ない石炭が長時間滞留し一部が発熱。また石炭の発熱でホッパーに可燃性ガスが発生し、石炭塔ホッパーから石炭を払い出す際に空気がホッパーに流れ込んだことで、異常燃焼に至ったと説明した。今後は今回設置した「コークス炉事故対策委員会」で究明する。

事故対策体制として、迅速な情報共有化とトップマネジメントによる対応を図るため、緊急対応を目的に社長を本部長とする危機管理本部会議を3日以降連日開催。4日には本部の下に「コークス炉事故対策委員会」を設置した。ここには社外有識者も参画する予定で検討・人選を進める。

同所は事故発生後安全確保のため、第2、第4、第5コークス炉操業を休止しているが、第1コークス炉と同種の第2、第4コークス炉については、水分の少ない石炭の使用を中止し、長時間滞留しても発熱しない水分の多い石炭に切り替える。この対応を4日、同社から規制行政当局に説明、3基のコークス炉操業再開の了解を得たが、慎重に確認後、操業再開に向け取り組むこととした。並行して地域住民への説明を速やかに実施し、高炉や製鋼等の設備も稼働再開に向け取り組む。なお第1コークス炉は操業休止を継続、原因究明と再発防止を図る。

同社は名古屋製鉄所の業務運営の課題を引き続き検討、仕事の仕方や組織・人材育成のあり方を総点検し、長期的視点も含め必要な対策を実施する。具体的には製鉄所の操業、整備部門の操業分担、製造現場、スタッフ部門の業務連携、電気・エネルギー技術者の配置・育成、リスク管理等のあり方について全社を挙げて検討する。

設備再稼働については、安全確認をベースにしながら第2、第4、第5コークス炉を立ち上げ、その後、その他設備を立ち上げる。生産レベルは早期に元の水準に戻したいが、コークス不足分は他製鉄所に応援を依頼し、全社ベースで取り組みたいとした。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ