• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年11月27日

新日鉄住金、名古屋事故対策で会見

新日鉄住金、名古屋事故対策で会見

 新日鉄住金は25日、今年4回にわたった名古屋製鉄所における停電事故・黒煙発生の原因と再発防止対策に関する記者会見を実施。「停電事故対策委員会」の検討結果に基づき、栁川欽也副社長、藤野伸司・常務名古屋製鉄所長、稲葉光延・名古屋製鉄所副所長が、設備面、ソフト面での再発防止策の進展や、名古屋製鉄所で実施した設備総点検について報告した。

 栁川副社長は「4件の停電事故について共通する原因は見いだせなかったが、背景として潜在的課題を抽出し、その改善策を講じた」と、再発防止への決意、具体策を述べ、その後は各質問に応じた。質疑応答の要旨は次の通り。

 ――コークス炉ガスの不完全燃焼により発生した黒煙は有害だったのか。

 「コークス炉ガスは50%が水素、30%がメタン、7%が一酸化炭素で、完全燃焼すれば水蒸気と二酸化炭素となる。今回燃焼が不完全だった部分は煤(炭素)となっており、有害物質は検出されていない」

 ――煤による被害規模は。

 「件数は差し控えるが、個別に対応している」

 ――名古屋製鉄所で実施した総点検(約2000件)の結果は。

 「改善点は3点見られ、対策を実施中。漏電などの重大事故につながるものはなかった」

 ――一連の事故がここに集中した背景は。

 「検討したが、4件の事故において共通した原因は見いだせなかった。起因となる潜在的な弱点として挙げられた設備、操業変化に対するリスク感性や設備新設、改造時の教育・標準化などの課題には、エネルギー部門のリスクマネジメント強化電気供給経路の2系統化など、ハード・ソフト両面での各種対策を講じた。名古屋製鉄所が非常作業に対する標準化において、劣っている点が顕在化した部分も認められ、設備運用などで最も優れた製鉄所の知見を他の製鉄所のシステムに組み込む『トップランナー方式』の強化などで解消していく」

 ――今回取りまとめた報告に対する東海市長、愛知県知事の反応は。

 「東海市長は対策の速やかな実行、市民への丁寧な説明、ハード、ソフトへの対策として社内への第三の視点導入の必要性を指摘。知事は、一連の事故について遺憾の意を示すとともに、地域の信頼回復の1日も早い実現への努力を求められた」 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ