• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2015年1月16日

東日本大震災「復興元年」 建築鋼材需要本格化へ

 高炉や電炉メーカー、商社や特約店などの流通によると、東日本大震災が発生した2011年3月からこれまでに、復旧や復興に使用された鋼材はおおむね140万トン規模に上ることがわかった。主に沿岸部の防潮堤や河川の堤防、かさ上げ工事や高規格道路などのインフラ整備向けで、鋼管杭や鋼矢板、敷鉄板などの土木用鋼材を中心に出荷されており、今後2―3年は高い水準が続くと見られる。また、出遅れていた建築用鋼材についても、かさ上げ工事後の造成などが徐々に進んでおり、15年度以降に本格化する見通し。これにより、復旧、復興に使われる鋼材はトータル300万トン以上になる見込みで、各社需要捕捉に全力を挙げている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ