• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2017年7月11日

関東地区異形棒電炉、販価再構築を検討

 関東地区では流通による異形棒鋼の受注価格競争が激しく、地区電炉メーカーの採算が悪化しており、一部のメーカーでは販売オファー止めを検討する状況に陥っている。至近で国内鉄スクラップ価格が高止まりするとともに、半製品であるビレット(鋼片)や異形棒鋼の海外輸出市況が上昇。「中国の鋼材価格動向を含めて環境が大きく変化しており、販売価格の再構築を検討せざるを得ない」(異形棒鋼メーカー)。東京オリンピック・パラリンピック関連など今秋以降で見込まれる本格的な需要回復を前に、再生産可能な販売価格の実現に向けて動きが加速しそうだ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/10/17
H2新断プレス
30300円 (―)32800円 (―)
267.57ドル (-0.38)289.65ドル (-0.41)

 換算レート (TTS) 113.24円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/10/17調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7700076000
鉄スクラップ
H22100018500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 824 819 822 817
電気亜鉛 408 402 408 402
電気鉛 336 333 336 333
アルミ二次地金 99% 219 214 219 214

非鉄金属市場価格へ