• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2017年9月12日

ウインファースト、細物異形棒鋼の販価下限6万3000円 20日以降

 三興製鋼と向山工場の細物異形棒鋼共同販売会社、ウインファースト(本社=東京都千代田区、社長=向山敦・向山工場常務取締役)は、2017年9月20日以降の契約分において、細物異形棒鋼の販売価格をトン当たり6万3000円に下限を設定し、同6万5000円の到達を目指していく。資源価格が高騰する環境下、再生産可能な販売価格に戻すため、8月21日以降の契約分で同6万円の下限値を設定したが、概ね浸透。「鉄スクラップ価格が高止まりするとともに、電極や合金鉄の価格が値上がりし、特に耐火物は世界的な供給不足も濃厚だ。このため、製造コストが今後急上昇する可能性が高く、10月契約分でもさらなる値上げを検討せざるを得ない」(向山社長)方針。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/11/20
H2新断プレス
33500円 (200)36000円 (200)
295.96ドル (3.78)318.05ドル (3.93)

 換算レート (TTS) 113.19円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/11/20調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7800078000
鉄スクラップ
H22400021500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 781 776 779 774
電気亜鉛 407 401 407 401
電気鉛 334 331 334 331
アルミ二次地金 99% 222 217 222 217

非鉄金属市場価格へ