• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年1月25日

橋本鉄流懇会長 需給バランスが好転 市場動向重視の対応推進

鉄鋼流通問題懇談会は24日、東京・日本橋茅場町の鉄鋼会館で定例会合を開催した。橋本直政会長(JFEスチール常務執行役員)は鋼材需給について「内外とも需給は締まっている。海外は中国の地条鋼の撤廃に始まり、国内需要もきっちり出始めた」とし、需給バランスが良くなっているとの認識を示した。その上で鋼材市場が順調に推移している情勢を踏まえ「この流れを維持していく」と市場動向を重視した対応を進める考えだ。

GDPが伸び、雇用も増加している状況下で「需要が出ると同時に、物価も上昇し、収益が上がって、モノの生産が増加するという好循環が動いてきている」としマクロ経済が軌道に乗っていることを強調。「市場の環境は整っており、(メーカーとして)このトレンドを守る」と言及した。

全国鉄鋼販売業連合会の阪上正章会長(清和鋼業社長)は「需要は堅調」としつつ、牽引しているのは自動車、建機が中心となり、全鉄連の販売統計では、前年同期比では微増に留まっている点を指して「状況は悪くはないものの、大幅な販売増にはつながっていない」と慎重な見方を明らかにした。

ただ、薄板類ではメーカーによる引き受けカットなど需給がタイトで「アンケートでは不足気味回答が増加している」と説明。「その他の品種もミート、やや不足の回答が多く、余剰感は見当たらない」とし、需給が引き締まっているとする見解を述べた。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/05/24
H2新断プレス
34400円 (100)38600円 (100)
310.78ドル (4.2)348.72ドル (4.6)

 換算レート (TTS) 110.69円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/05/24調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8300085000
鉄スクラップ
H22600020500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 775 770 773 768
電気亜鉛 380 374 380 374
電気鉛 312 309 312 309
アルミ二次地金 99% 225 220 225 220

非鉄金属市場価格へ