• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年7月13日

西日本豪雨の影響 九州地区は影響軽微

平成30年7月豪雨における九州地区の鉄鋼および非鉄金属業界での影響は軽微で済みそうだ。7月5日から7日にかけての大雨で、高速道路は福岡県、佐賀県、長崎県、大分県を通る全区間と熊本県の一部区間が通行止め。一般道路の利用が増えて渋滞となり、鋼材や非鉄製品、スクラップの運搬に支障が出た。しかし9日以降、高速道路が順次復旧し、11日午後5時の時点で通行止め区間は門司―小倉東間上り線、東九州道椎田南―豊前間上下線のみ。

3日からの台風と6日を中心とした豪雨では、鉄鋼および非鉄金属関連企業の被災状況について、敷地内の冠水などがあったもののビジネス上の影響は皆無。高速道路通行止めを理由に納期遅延などのトラブルも聞かなかった。

九州の主力産業である自動車業界では、トヨタ九州が高速道路通行止めにより完成車の輸送が行えず、宮田工場の10日の一部夜間操業を休止。12日と13日は通常操業。17日以降の操業については13日午後に判断するとしている。

ダイハツ九州は11―12日と通常稼働。部品の輸送、入荷状況を見極めながら、翌日の操業を判断している。

日産自動車九州は9日から通常操業となっている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/07/17
H2新断プレス
34300円 (―)38800円 (―)
302.36ドル (0.85)342.03ドル (0.96)

 換算レート (TTS) 113.44円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/07/17調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22500021000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 717 712 715 710
電気亜鉛 332 326 332 326
電気鉛 309 306 309 306
アルミ二次地金 99% 225 220 225 220

非鉄金属市場価格へ