• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年10月29日

世紀の大合併から1年-新日鉄住金、世界最強を目指す -9- ■第2部 鉄鋼事業(4)薄板 飛躍の鍵握る最大品種 超ハイテン材、大きな武器

世紀の大合併から1年-新日鉄住金、世界最強を目指す -9- ■第2部 鉄鋼事業(4)薄板 飛躍の鍵握る最大品種 超ハイテン材、大きな武器
1・2GPa級鋼板が使われている

2250万トン。これが新日鉄住金の2012年度の熱延コイルの生産量だ。国内シェアは半数を超え、圧倒的な存在感を示す。薄板事業部は新日鉄住金の生産する鉄鋼製品の約半数を占める最大部隊、国内製造拠点は鹿島、君津、名古屋、広畑、八幡、大分、そして一部品種を生産する和歌山の7製鉄所を擁する。また海外でも今年、メキシコ、タイ、ベトナム、中国で新しい下工程ラインが稼働し、来年にはインドで合弁CAPLが始動する。既存の中国、米国、ブラジル、クロスライセンスなどで提携関係にある欧州のアルセロール・ミタル、マイナー出資ながら母材販売と技術協力を行っているアジア、中東、アフリカのリローラーなどを加えると、世界最大級の供給網を築いていることになる。技術、コスト、グローバルを戦略の柱に、ブランド製品6000―7000万トンへの拡大を目指す中期経営計画の中でも、半数以上を占めることになる薄板事業の飛躍が成否の鍵を握る。

【国内はラインの再配置で競争力強化】

中期経営計画では国内製鉄所の酸洗・冷延・焼鈍・CGL(溶融亜鉛めっきライン)・EGL(電気亜鉛めっきライン)の下工程14ラインの休止を決めたが、このうち薄板事業では鹿島、和歌山、名古屋、君津の13ラインが対象。競争力の高いラインに集約・再配置することで、供給能力の減少を招くことなく、高い生産性を維持する狙いだ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ