• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年11月6日

世紀の大合併から1年-新日鉄住金、世界最強を目指す -11- ■第2部 鉄鋼事業(6)建材 国内外で存在感高まる 製鉄所組織一体運営 統合効果を加速

世紀の大合併から1年-新日鉄住金、世界最強を目指す -11- ■第2部 鉄鋼事業(6)建材 国内外で存在感高まる 製鉄所組織一体運営 統合効果を加速

 業界から「赤本」と呼ばれる冊子がある。正式名称は「建設用資材ハンドブック」。新日鉄住金が需要家の利便性を図るために、同社および関連会社の製品の基本情報を総合的に掲載した製品カタログだ。ある商社マンはその種類の多さに驚いた。掲載されているのはH形鋼や厚板など鋼材、二次加工製品、各種諸資材が400種あまり。基礎資材である建設用鋼材の商品メニューの多さは、圧倒的とも言える。

また国内市場シェア(昨12年度)も、建設用鋼材の代表とされるH形鋼(100%子会社で販売連携をとる日鉄住金スチールを含む)は38・5%、土木用鋼材の鋼矢板は70・4%に達する。

建材を取り巻く環境は、アベノミクスによる国土強靭化、東京オリンピックの開催決定などを受け、長く続いた冬の時代からようやく日が差し始めた。新日鉄住金発足から1年余り。生産、営業、技術いずれも厚みを増す中、建材事業は海外市場をも視野に入れながら、成長ドライブに拍車を掛ける。

【いち早い統合効果】

7事業部の中でも、最も早く統合効果を上げたのは建材事業部だ。発足直後から、外法一定H形鋼やハット型鋼矢板などの生産を堺製鉄所に、比較的大型サイズのH形鋼は鹿島製鉄所にそれぞれ集約。汎用のH形鋼や鋼矢板は需要地に近い形で、東日本向けは鹿島と君津製鉄所、西日本向けは堺と子会社の日鉄住金スチールに分担した。ロットがまとまったことで堺、鹿島の操業率が大きく向上するとともに、一時保管のための中継地集約や、余剰在庫の削減が進んだ。また堺は鉄源(スラブ)供給をこれまで君津・大分の両製鉄所から受けていたが、近隣にある和歌山製鉄所からの分譲に切り替えた。現在は堺の鉄源の80%が和歌山からとなる。こうした効果は近隣立地による輸送費削減にとどまらず、製品歩留まりや販直費の改善にも及んでいるという。さらに来年4月には製鉄所の組織再編で、和歌山と堺が統合する。管理部門を中心にシステム統合も進むため、製鉄所組織の一体運営により、有形・無形の統合効果がもう一段加速されることになる。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ