• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年11月11日

財務・経営戦略を聞く―成長軌道 復帰の手だて― ROS5%超に引き上げ JFEHD副社長 岡田 伸一氏 負債資本倍率は中計目標達成

財務・経営戦略を聞く―成長軌道 復帰の手だて― ROS5%超に引き上げ JFEHD副社長 岡田 伸一氏 負債資本倍率は中計目標達成

――4―9月期の連結経常利益は前年同期比18・3倍の743億円となり、従来予想の700億円も上回った。

「鉄鋼事業が前年同期の30億円の赤字から、559億円の黒字に転換したのが大きい。製造基盤整備や工事集中対応のため従来予想の600億円を下回ったが、エンジニアリング、商社、造船が従来予想以上に健闘した」

――主力の鉄鋼について。まず数量が回復してくる。

「上期のJFEスチールの単独粗鋼は前年同期横ばい、前下期60万トン増の1430万トンだった。下期は1470万トン、年間で100万トン増の2900万トンを想定する」

――メタルスプレッドは。

「前下期から今上期にかけて収益は改善したが、メタルスプレッドは約200億円縮小した。下期は原料価格が下がる影響からメタルスプレッドは拡大し、通期ではプラスマイナスゼロとなる」

――コスト削減計画は。

「1000億円規模のコストダウンは順調に実施しているが、鉄鋼の国内基盤整備に100億円、そのための工事集中対応で50億円を投じるため、見掛け上は850億円にとどまる」

――鉄鋼は前期、経常利益が153億円だったが、一過性の損失を約850億円含んでいたため、それらを除いた実質ベースでは約1000億円だった。今期予想については。

「今期は1300億円の利益予想に一過性の収益が70億円含まれているため、実質ベースでは1230億円となる。原料価格が落ち着いてきたので、実質と公表がほとんどイコールになってきた」

――上期559億円、下期予想741億円の実力は。

「上期は一過性の収益が220億円含まれていて、これらを外すと339億円が実力。下期はスプレッドが改善し、数量も伸びて、891億円と大幅に増える見通し。実質ROSは約6・3%に上昇するので、この流れを続けていきたい」 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ