• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年11月20日

新日鉄住金事業部長に聞く 執行役員 中村 真一氏 ■建材 統合効果 早期発揮に手応え

新日鉄住金事業部長に聞く 執行役員 中村 真一氏 ■建材 統合効果 早期発揮に手応え

――統合から1年が経過した。まずは感想を。

「統合効果を早期に発揮することができた。順調なスタートを切れたと思う。営業面では顧客層、商社・流通業者を含めたネットワークが拡大。商品では、品ぞろえの拡充と同時に、類似商品の統合が図れた。生産面ではいち早く、ハット形鋼矢板や外法一定H形鋼などの高機能商品を堺製鉄所に集約し、汎用品を需要家立地の製鉄所へとミル配分を見直し、コスト削減・生産効率化の成果を上げた。和歌山製鉄所と堺製鉄所の統合も決まり、来年にはさらに統合効果が加速するものと期待している。また技術面でも旧住金、旧新日鉄が持っていた技術・研究開発の補完・拡充が進み、技術先進性のさらなる向上が楽しみである」

――建築・土木ともに建設分野の需要は上振れしており、事業部にかかる期待も高い。

「国土強靭化計画等の政府施策や、オリンピック・パラリンピックの東京開催決定でムードは良い。ただし、建設業界は設計、熟練工、一部資材調達など多くのボトルネックを抱えている。それだけに今の需要レベルが大きく膨らむとは考えにくい。大事なのは実需水準をしっかりと見極め、それに対応していくことだ」

――中期経営計画の中での、事業部としての課題は。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ