• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年12月12日

神戸製鋼の薄板戦略 ■宮下 幸正常務(薄板営業部管掌)に聞く ホットコイル競争力強化へ 建材など”第3の柱”視野

神戸製鋼の薄板戦略 ■宮下 幸正常務(薄板営業部管掌)に聞く ホットコイル競争力強化へ 建材など”第3の柱”視野

――薄板需給は非常にタイト化してきているが、足元および中期的な環境認識を。

「住宅分野が好調なうえ、自動車も本年度は国内完成車生産が980万台を超える見通しで、内需は非常に旺盛だ。また為替が1ドル=100円前後の水準に落ち着いたことで、輸入材も心配するレベルではない。唯一の懸念は消費税増税後の反動だが、東京オリンピックの決定やアベノミクス効果もあり、あまり大きな影響を及ぼさないことを願っている。しかし、海外は違う。新興国を中心にアジアの需要は伸びるとは思うが、供給過剰な状態で、マーケット競争は厳しい。新鋭製鉄所の稼働も控えており、しばらくは供給過剰構造が続くと覚悟している」

――上期の鉄鋼事業は損益改善が進んだものの、薄板事業の収益状況はなお厳しい。

「上期は原燃料の上昇、為替変動などにより製造コストが上昇する一方で、自動車の支給材価格が下がるなどし、マーケットの上昇ピッチが緩やかで、価格改善が思うように進まなかった。店売りを中心とした市況品分野では、今春トン当たり1万5000円の値上げを要請したが、足元の浸透度は1万円程。状況を丁寧に説明し、完遂に向け理解を求めていきたい。またひも付き分野については、お客さまには機能、特に新製品開発への取り組みや、近年の海外展開の進展を評価していただき、もう一段の改善を進めたいと思っている」 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ