• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年3月3日

東日本大震災から3年 いま、そして未来へ ■(1)青森県 被害は軽微、生産水準戻る/ファブ向け仕事が繁忙/復旧、復興案件乏しく

東日本大震災から3年 いま、そして未来へ ■(1)青森県 被害は軽微、生産水準戻る/ファブ向け仕事が繁忙/復旧、復興案件乏しく

今月11日で、東日本大震災から丸3年がたつ。仮設住宅や借上住宅で暮らす避難者が、いまだに27万人に及ぶ中、復興過程はこれまでの復旧期から、本格的な再生期へ移ろうとしている。鉄鋼業界でも、製鉄所、工場、事業所などが被災したが、早期に復旧を果たし、今では復興事業に貢献している。震災を風化させないためにも、被災地の現状や課題、これから向かおうとする姿を追った。

********

岩手、宮城、福島の被災3県と比べ、比較的被害が軽微だった青森県。異形棒鋼を製造する東京鉄鋼八戸工場では、敷地が海面より3・5メートル高く、津波が1メートルの高さとなり、被害を最小限にとどめた。トランスや圧延ミルモーターが高い位置にあったこともあり、圧延は3月中に、製鋼も4月初めに復旧した。

足元、生産水準は月間平均約2万トンと震災前のレベルに戻っている。ただ、八戸LNGターミナルや北海道新幹線関連など、県内の大型プロジェクトが一段落し、期待されていた消費増税前の駆け込み需要も目立った動きはない。同工場では青森、秋田、岩手の北東北3県に7割近く出荷しているが、「これ以上の需要増は見込めない」(櫻井憲一取締役上席執行役員東北棒鋼事業部長)という。一部南東北や関東向けにも供給しているが、こちらも鉄筋工など職人不足の影響で工事が遅れている。

一方、 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ