• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年9月2日

防災・復旧に貢献する有力企業 災害大規模化、対策が急務

 2011年の東日本大震災から3年が経過した後も、東北地方では今も頻繁に地震が発生している。復興も順調に進んでいるとは言い難い。今後は、首都直下地震・南海トラフ大地震の発生も想定されている。

 また、今年は西日本を中心に猛烈な台風・豪雨が襲い、それに伴う大規模な土砂災害によって甚大な被害に見舞われた。広島県では土石流が住宅街をのみ込み、被害が拡大した。毎年のように自然災害が繰り返される日本では、常に防災・減災に対して高い意識を持って備えておかなければならない。

 こうした中、鉄鋼、建材、土木など各社の間で地震対策をはじめとする防災製品・工法の開発が加速するとともに、災害による被害が大規模化していることに対応して災害復旧のための製品・工法の開発が本格化している。防災・災害復旧に貢献している各社の製品・工法を紹介する。

【掲載企業・製品一覧】(五十音順)
茜谷:ジオダブルサンド工法ほか
アキテック:P柱アンカーボルト
大津鉄工:Dスルー工法
川金コアテック:アドバンス制震システム AD座屈拘束ブレース
岸和田金属:スーパーフープ
日鐵住金建材:鋼製スリットダムB型 鋼製スリットえん堤T型 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/12/08
H2新断プレス
34600円 (―)37300円 (―)
302.74ドル (-2.08)326.36ドル (-2.29)

 換算レート (TTS) 114.29円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6200062000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7800080000
鉄スクラップ
H22550022500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 764 759 762 757
電気亜鉛 396 390 396 390
電気鉛 329 326 329 326
アルミ二次地金 99% 222 217 222 217

非鉄金属市場価格へ