• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2016年9月6日

半明正之氏を悼む 国際競争力向上へ陣頭指揮

半明正之氏を悼む 国際競争力向上へ陣頭指揮

日本鋼管の最後の社長、JFEスチールの初代会長を務めた半明正之氏が亡くなった。

半明氏は1940年11月8日生まれの香川県出身。東京大学工学部冶金学科を63年3月に卒業し、日本鋼管に入社。京浜製鉄所製鋼部長などを経て92年に取締役となり、96年に常務取締役福山製鉄所長に就任。ドイツでの連続鋳造技術研修などで磨いた国際感覚を発揮し、製鉄メーカーとしての国際競争力向上の陣頭指揮を執った。

99年に副社長に昇格し、02年2月、創業90年を迎えた同社の第13代社長に就任した。すでに川崎製鉄との経営統合が決定しており、日本鋼管の最後の社長となった。

社長就任にあたっては、経営統合後の東日本・西日本各製鉄所の一体運営による生産効率化への大きな期待を示すとともに、「2倍の品ぞろえと供給能力が整い、新商品を続々と市場に投入できる。わくわくする戦いが始まるわけで、この壮大な試みを絶対に成功させる」と断言。社員には「過去の慣習を打破し、創造のために破壊を積極的に推進し、世界最高峰の企業グループの確立に果敢に挑戦してほしい」と呼びかけていた。

03年4月にJFEスチールの初代会長に就任。初代社長の數土文夫氏とともに新会社のリーダーとして統合効果の極大化と業績拡大に全力を傾注した。

07年4月にJFEスチール会長を退任し、同6月にはJFEHD取締役も退いた。

「頭の良い人で、ごまかしがきかない。仕事には非常に厳しかったが、弱い人の気持ちが分かる心の広さもあった」と多くの部下に敬われ、慕われた。

30歳代に1年半近く闘病生活を強いられた経験があり、社長時代には「趣味はゴルフと麻雀で、これが私のストレス解消法。人間にとって、すべてを忘れる時間も大切。健康のため1週間8万歩を励行して、もう10年になる」と語っていた。

取締役退任後、元気でゴルフと晴耕雨読の日々を過ごしていると聞いていた。

突然の訃報を受けて、記者会見時の少し緊張した厳しい表情やインタビュー時の合間の笑顔を思い出しながら、ご冥福を祈っている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/01/18
H2新断プレス
26400円 (―)29300円 (―)
233.26ドル (4.01)258.88ドル (4.45)

 換算レート (TTS) 113.83円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/01/18調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6900071000
鉄スクラップ
H21750014500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 674 669 672 667
電気亜鉛 346 340 346 340
電気鉛 295 292 295 292
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ